活性酸素と肌への影響の関係は?

こんにちは、札幌市白石区で水素吸引、カイロプラクティック、小顔矯正ができる店、to…bloom(トゥーブルーム)です。

活性酸素と肌細胞への攻撃

活性酸素は肌細胞を攻撃して、肌に悪影響を与えることがあります。

活性酸素とは、体の働きに応じて発生する酸素が化学反応を起こした物質で、安定しないために、自己細胞を攻撃することがあります。

もともとは免疫として働く成分であり、体に悪影響だけを与えるわけではありませんが、活性酸素が増えてしまうことで、細胞を使って自身を安定させようとしてしまうのです。

活性酸素から肌を守るためには、活性酸素の量を減らす必要があります。
量を減らすには水素と反応させて水を作ってしまう方法があります。

活性酸素は細胞の破壊をする作用がある

活性酸素の働きは、その組織から電子を奪って自らの構成を安定させるためのものです。

不安定な構造をしており、電子が足りないため、他の細胞などからそれを補って安定させようとしているのです。

正常の範囲であれば、これによって悪い組織や外から入った有害物質などを分解して排除する働きとして機能できますが、活性酸素が過剰に増えるとこの働きは自分の細胞にまで及んでしまいます。

to…bloom(トゥーブルーム)
(白石区で水素吸引、カイロプラクティック、小顔矯正ができる店)
〒003-0023  札幌市白石区南郷通18丁目北1-29
Tel 011-839-2040(ご予約優先)
営業時間 Am10:00~Pm20:00(Last  19:00)
定休日 水曜日

関連記事

  1. サビないカラダをつくる!

  2. 水素で身体のサビ落とし! 水素の抗酸化作用はビタミン剤よりす…

  3. B’zミュージアム

  4. ロシアW杯ベスト4

  5. またまた・・・

  6. 水素吸引