脊柱分離症

こんにちは、札幌市白石区で水素吸引、カイロプラテクィック、小顔矯正ができる店、to…bloomです。

今日は分離症について

腰椎の関節突起間部にひびが入ることが原因で、腰痛が起こるのが脊椎分離症です。とくにおしりに近い第5腰椎に頻発します。スポーツを熱心にしている子どもや成長期にスポーツをしていた人に起こりやすいのが特徴です。

腰椎のおなか側の部分<椎体(ついたい)>が前にすべるようにずれた場合、脊椎すべり症といいます。脊椎すべり症の代表的なものとして、分離症があるために椎体が徐々にせり出す脊椎分離すべり症と40~50代の女性に好発し、椎間板(ついかんばん)や椎間関節(ついかんかんせつ)が傷んでずれる変性すべり症があります。

●症状

  • 長く立ったり、座ったりしていると腰に鈍痛が出ます。
  • 腰をそらすと痛みが増します。
  • 脚にしびれや痛みが生じることがあります。

●原因

  • 脊椎分離症は腰椎の背中側にある関節突起間部が疲労骨折を起こしたり、椎体が前にずれることで症状が出ます。

●治療

  • コルセットをつけるなどして腰の安静を保ちます。
  • 痛みがひどいときには鎮痛薬などを使います。
  • 程度がひどい場合には手術が必要になることもあります。

小学、中学生のうちは、まだ、椎体も軟部組織となります。成長につれて骨化していきます。骨と筋肉の成長がほぼ一緒でないと、こう行った成長痛へと症状が発症してしまいます。

スポーツを行う上でスポーツ後のストレッチ(レスト)が非常に重要になりますので、スポーツをやっている子供さんは十分に注意してみてあげてください。

to…bloom
(白石区で水素吸引、カイロプラクティック、小顔矯正ができる店)
〒003-0023  札幌市白石区南郷通18丁目北1-29
Tel 011-839-2040(ご予約優先)
営業時間 Am10:00〜Pm20:00(Last 19:00)
定休日 水曜日

関連記事

  1. クッシング症候群とは?

  2. 術後の後に。。。

  3. お願い

  4. 水素吸引+ドライヘッドスパ

  5. 昔に比べて、顔の横幅が広がっていないかのか?

  6. 噛み締め癖、歯ぎしり