腱板損傷

こんにちは、札幌市白石区で水素吸引、カイロプラクティック、小顔矯正ができる店、to…bloomです。

腱板損傷について。

まず腱板とは?
肩甲骨周囲にある、4つの筋肉を表します。
棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋が腱板筋(ローテーターカフ)と言われています。
主な働きとしては肩の関節を安定させる働きとなります。

そんな4つの筋肉のうち一つでも損傷が起きるとどうなるのでしょうか?
腕が上がらず、上げる際に痛みが生じてしまいます。その為、日常動作に影響が出てしまいます。
例えば、上にあるものを取れない、服を着るときに痛く、損傷になった方の腕から先に入れないと着れない、など、とても生活する上で大変になります。
損傷をほおっておくと、最悪40、50肩になったりしますのでご注意を。
予防としては、運動はもちろんですが、普段から肩より上に腕を上げる事を出来るだけ多く行ってください。
損傷が起きると痛みは取れたとしても完全に腕を上げる事にも時間がかかるので、予防を意識して生活を送ってみてはどうでしょうか?

関連記事

  1. 年末

  2. カイロプラクティック

  3. 顔のむくみ、しみ、歪み

  4. 水素水は抗アレルギー作用がある

  5. 平昌パラリンピック

  6. アレルギーは治りにくい